遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

神様の褒美と罰

2021.05.04

今、ジムは満員だ。

どこも閉まっているから、みんなジムにくる。

一度筋肉をつけたら、維持するために通い続けるしかなくなる。

マッチョな身体というのは神様のプレゼントか罰がわからない。

身体への陶酔と引き換えに、人生の膨大な時間を消費する。

複雑な機械を自由に使うマッチョな男性に囲まれる。

「なんだこりゃ」と首傾げながら機械に座り、振り返ったら、後ろで「なんだこりゃ」と鍛える女性を見るとホッとする。

迷いのない人には恐れ入るし、ほぼヌード姿で気合い入れる人には腰が引ける。

でも「なんだこりゃ」チームと出会えると安心する。

 

人生を見てるようだ。

鼻息荒く気合い組には、どうぞお先に、と道を譲りたくなる。

迷いなくばく進する組には、なぜ迷いがないのか羨ましい。

どこか違うスイッチが入る組には、距離を取りたくなる。

「なんだこりゃ」組がキョロキョロしてたら、一緒にキョロキョロしたくなる。

だから、私の人生もまた、「なんだこりゃ」組なのだ。きっと。

 

ベランダで日光浴し、ポットに入れてきたミルクティー飲む。

ジムではそういう時が一番幸せだ。

つまり、私は、トレーニングしていない・・・。

 

 

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版