遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

喋りすぎた夜

2021.05.02

フラッと大型電化店に入った。

旧知の店員さんが挨拶してくれた。

つい上司の店員さんを「きたよー」と呼び出してしまった。

店員さんが「喋りましょ」と誘ってくれたので、「そーお?」と言って喋ることにした。

「げんきぃー?」から始まるお喋りとお買い物。

店員さんはまず、椅子とテーブルを探してくれる。

喋るためだ。

「なんか、ウキウキする電化製品あるっ?」

そして、あっちこっち売り場を歩く。ずっと喋りながら。

買い物が終わっても「座って喋りませんか?」と誘ってくれる。

「そーお?」と喋ることにする。

テーブルと椅子が満席だった。

携帯電話売り場に行き、案内カウンターの椅子に座った。

カウンターでずっと喋った。

気が付くと、夜になってた。

3時間半、喋った。

「僕は遙さんの喋りが好きです。刺激的だし魅力的だし勉強になる。僕以外の店員も皆、遙さんが好きです」

この言葉、信じることにする。

大先輩が昔言った。

「外で喋りすぎて夜、なんであんなに喋ったんだと家でウツみたいになる」と。

私はウツにならない。

ご機嫌で寝ることにする。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版