遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

反抗期を迎えたかもしれない

2021.10.06

ベルサイユ宮殿でマリーアントワネットと会う。

あ、ちがった。

エステで店長と会う。

「ようこそぉ。ご機嫌いかがぁ?ほっほっほ。」

 

エステティシャンに言った。

「店長さんに会うと緊張するんだ」

「お客さんでも緊張とかするんですか?」

「するよ。だって、相手はマリーアントワネットで貴族でしょ?私、平民だもん」

「きゃはは」

「大輪のバラが似合うのはお宅の店長さんと、マリーアントワネットしか知らない」

「きゃっはっは」

 

店長さんに見送られる。

「あら、可愛い靴ねぇ。ほーっほっほ」

「これ、靴じゃなくスリッパです。ほら」と脱いでみせた。

「あらまぁ! 紐がキラキラして可愛いわあああ。ほーっほ」

 

受付嬢、店長さん、エステティシャンの三人で見送られた。

知ってる。ずっと頭下げっぱなしだ。

そして、店長さんは、私が振り返るのを絶対待ってる。

大輪のバラのような笑顔で、その瞬間を待ってるはずだ。

だから・・・・

振り返らずに帰ってやった。

フランス革命だっ!!!

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版