遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

捨て男は弱い

2022.06.27

捨て子じゃないが、捨て男の末路を見た。

ドキュメンタリーだ。妻とは離婚し子供たちとも長年会っていない男性の看取りを見た。

見ているうちに、ああ妻に捨てられた男だと推察した。

部屋はゴミ屋敷。やけ酒とコンビニメシの残骸が広がる。

看護師たちへは高圧的だ。

女に偉そうに接する男ほど女に甘え頼って生きてる。

死に際に「子供と会いたい」というも、連絡つかないまま逝く。

女に捨てられた男はかくも悲惨で哀れで救いがない。

初老くらいで高齢者ほどの衰弱ぶりだ。

家事しない男の末路は、病気とゴミ屋敷だった。

家事、は、命と直結する。

 

もうひとりは高齢者。妻が他界してる。

でも暮らしは清潔で整い美しい。

家事は自分でする。

そして子たちが集まる。

 

捨て男の食事はコンビニおにぎりと揚げ物だった。

そりゃ・・・病気になるわな。

ちゃんと生きる。清潔に丁寧に几帳面に生きる。

なんでヤケにならずちゃんと生きなかったんだと、捨て男に思う。

 

風水で北枕がいいというからベッドの向きを変える。

ちゃんと。

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版