遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

好きで好きでならない・・・

2022.06.25

日常に発見ってあるものだ。

気づけば、アイロンが好きになってた。

いい夜を迎えたい一心で、パジャマにノリをかけ、アイロンをし、パキッと仕上げた。

今、私の棚は、アパレルのそれだ。

すべてのシャツやジャージまでが、パキッと並ぶ。

極めつけは、パンツだ。

アイロンが止まらなくなり、下着もかけるようになった。

風呂上りに、まるでクッキーのように下着をつまんで取りだす。

折り目のついた下着は美しい。

 

もっといいアイロンを、と電気店に行く。

いつもの営業さんに「今日はアイロンっ」という。

営業さんは無茶くわしい。

「なんでそんなに詳しいの?」

「僕・・・アイロンが趣味なんです・・・」

「これは?」

「水滴が一滴落ちます」

「これは?」

「充電に時間がかかります」

なんで我々はアイロンがここまで好きなのか。

「すぐ結果が出るからじゃない?」

達成感も、手ごたえも、結果もない日常で、アイロンだけがそれらを満たしてくれる。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版