遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

訃報に考えてみる

2022.06.25

いきなり暗いテーマだが・・

闘病しながら執筆してた知人の訃報を聞く。

知人といいながら面識はない。

共にコラム掲載日が同じで、上位争いをしてた相手だった。

常に私のライバルで、彼に勝つことを目標に執筆した。

そんなライバルが逝った。

走り続けたら、早くに逝くことになった。

ギリギリまで仕事しましたね、と、胸が痛む。

 

さて、身体を犠牲にしてまで働くことを考えよう。

病気になった時、それでも走り続けたら、命を縮めかねない。

病気になりましたから仕事降ります(最近そんなタレントが少なくない)は、新鮮だ。

なんだか、新しい生き方にも感じる。

昭和は、命がけで働いた時代だ。

命なんか賭けてまで働くもんじゃない、は、新しい。

たぶん・・・

生きるために働いたはずが働くことを命より優先してしまう。

この本末転倒はいつ起こるのだろう。

だって仕事しかすることないねんもん・・が、仕事を選ばせる。

仕事以外にすることを見出す。

きっとそれが、みんなできないんだ。

 

私は・・・、TSUTAYAで借りたビデオ見よう。

 

 

 

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版