遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

料理とは道具なり

2022.05.11

「フライパンが使えなくなりました・・・」

「まあ・・・」

まただ。

フライパン売り場のお姉さんとの家事先輩後輩会話が始まる。

「教えられた通りに使ったのに、半年もたなかった・・」

店員さんは他の店員さんを呼び、「半年はないよねぇ・・」とボソボソ言ってる。

「何度で使用しました? 洗い方は?」

「だからぁ、言うとおりにしました。でもダメだった」

「これはどうです?」

2万円だ。たかっ。

「またにします」

 

他の百貨店に行く。

「あの、フライパン詳しい人ですか?」

「はい。詳しいですよ」

同じように弁解しながらダメな自分を吐露した。

一緒になって私向きのを探してくれた。結果・・・

「これにしましょう。私も使ってる。これはいい。鍋雑誌でも必ず上位に評価されるメーカーです」

2000円だ。

「やすっ!!」

安すぎて不安だから、聞いた。

「あっちの1万円のは?」

「どうせきっとまたダメにするだろうから、安いのにして、次どんどん高いのにして、最後に2万円にしたらいかがです?最初から高いのだとダメにしたら悔しいですよね」

!!!!!!おっしゃるとーーーーり!

2000円の買った。

ご機嫌だ!

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版