遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

ZOOMの限界

2022.05.09

昨日はZOOMで友人たちと朝4時まで会話した。

・・・で、喧嘩になった。

修復するのに4時までかかった。

常々思うことだけど・・・

メールで込み入ったやり取りすると、やがて、喧嘩になる。

便利だけど言葉だけで伝わると思わないほうがいい。

じゃ、電話はというと、これもよく口論になったりした。

電話も言葉がさえぎられたり重なったり、で、ストレスだ。

人間って、直接向き合うと、言葉以上のものが届く。

いや、言葉よりそっちのほうが多いと思う。

表情、間合い、雰囲気、眼差し、言葉の抑揚、スピード、音量。

総合して「つらいんだな」とか「反省してる」とか感じる。

言葉を使わなくても、会った表情でもう会話してるのだ。

それが・・・

ZOOMだと、まず、機械が音声を選ぶ。

冒頭の言葉はほぼ皆には届かない。

便利だけど全員がいら立つツールだ。

 

結論、しょせん、人との対面以上の道具なんてない。

オンラインで便利になった楽になったというけれど、

ほら、

喧嘩になっちゃったじゃないか。

会ってたら絶対そうはならない。

だいたい、皆が異なるお菓子を口にしながら一体感なんてない。

嘘くさい時代が来たもんだ。

動物同志がZOOMでやりとりできないように、人間だって動物だ。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版