遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

ゴム通しに興奮

2022.01.21

地下街を歩くと道に迷い、洋裁専門店に入った。

すごい数のボタンとか毛糸とか、生地裁断カウンターもある。

まるでホームセンターの木材を切るように、ここは女性たちの創作意欲が結集してる。

どうしてもこの店で買いたいと思った。

洋裁店には、フリルのテープとか、ベッチンのリボンとかある。

いいなぁ。フリルとベッチン。

少女時代に憧れた。

ベッチンのリボンができない年齢になったのが悔しい。

「あの、黒いパンツのゴムありますか」と店員さんに聞く。

もう何年間も黒いゴムを探してた。

お気に入りの黒いジャージのゴムがほしい。

念じていたら、こうやって、数年後に黒いゴムを買える。

店員さんは迷わず案内してくれた。

幅三センチのゴム買った。

で・・・? どうやって通すんだ??

ゴム通しを探した。

あるじゃないかっ。ゴム通しが何種類も!

興奮した。

帰宅後すぐにジャージにゴム通しでゴム通してみた。

うまいこといくじゃないかっ!!

 

ジャージがよみがえった。

服を大事にしてよかった。

まだ人生初体験がある。

ゴムをうまく通せたぞーーーーっ

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版