遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

兄弟のDNA

2021.10.24

実家に行く。

手土産にフルーツの入った大福餅を買う。

その値段に目玉が飛び出す。

兄夫婦に言う。

「一個700円やでぇ! ブドウなんか小さいのに一個500円!」

フルーツごとにサイズの違う大福餅だった。ブドウは、まんま、ブドウのサイズ。

直後、年若い兄が手土産持って来た。

「フルーツの入った大福買ったでぇ! 高かった!」と言う。

おもろいから、その先何言うか聞くことにする。

「一個、800円やでぇ!」

 

・・・兄は100円盛って話をする・・・

 

「どんなフルーツ買ったの?」

「ブドウとぉ・・」

「ブドウ買ったの!!?」

「うん」

姉が、「洋子は買わなかったの?ブドウ」

「小さいの一個で500円は高すぎるって、買ったけど返品した」

「返品したの?信じられへんわ」と姉。

 

わかったこと。

年若い兄は、話を盛る。

兄と私では、私のほうがケチ。

で・・・兄弟は同じ日に同じ手土産を買う。

選ぶフルーツも一緒。似てる・・・

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版