遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

人は私をばかにするけれど

2021.10.11

実家に行くと、30年ぶりくらいの知人が来てた。

姉の友人だ。

私を見るなり「わっかーーーーっ」と言った。

若い、ということだ。年のわりに、ということだ。

姉が「そーやねん。若いねん」とため息まじりに言う。

「まるで中学生みたいやねん、いや、幼稚園児かと思うときがあるねん。今は韓流にはまってはるねん」

姉は首を振りながら嘆いた。

 

実家に持っていこうと、天満市場で松茸を見た。

中国産の2500円は全部売り切れで、3000円は残ってる。

アメリカ産があったからそれにした。いろんな店見て、松茸がどういう状態だと値が高いかを知った。

「形が残ってるほど高いねんでっ。傘が開いてたり、裂けてたりすると安いねんでっ」

「そんなこと、今知ったん?自炊料理はしてるの?」と知人。

「してるよっ」

「この子、料理のセンスはないねん」と姉。

 

天満市場で、韓国食品店で、真っ赤な唐辛子袋を売ってた。

最近見てる韓国番組の料理番組で、よく登場する。

おじさんに「この唐辛子、どうやって使うの?」と聞いた。

「キムチ漬ける時や、鍋の時や料理の時に使うんや」

しばらく考えた。

「これは・・・素人には手が出んわ。またにするわ」

おじさんは爆笑し、「ねえちゃん、またおいでや」と言った。

きっと上手になる。

今日は包丁を研いだ。

やる気だけは、満々だ。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版