遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

負けを認めるべきだ

2021.09.24

シャンプーを5回した。

今日染めた髪の色が気に入らないからだ。

高校生の時のパーマ失敗みたいだ。取れないかと洗い続ける。

なんで、金髪に、というオーダーがフツーの茶髪になるんだ。

金髪には黄色とシルバーとピンク系がある。ピンク系にした。

なのに、赤茶になった。

どこの美容院に行っても、同じだ。

「今より明るく」が、100%暗くなる。

どこも同じ、ということは、きっと、もう日本は美容院まで韓国に負けているのだと思う。

Kポップのあの多様な髪色は、できる美容室があるということ。

だが、日本では「明るく」もできない。

もう、音楽も負け、ドラマも負け、映画も負け、美容室も負け。

きっと振り付けも負けて、大道具も負け、美容整形も負け、ファッションはとっくに韓国系だ。

これまで私が「金髪?」と言われたのは、カラーが落ち脱色がむき出しになっただけ。

明るくするには脱色しかありませんというから脱色した。

なのに、フツーの茶色になった。

つまりは、技術がないということ。

脱色を2度しないと、と、今度は言われた。

でも、きっとまた茶色になるだろう。

日本はもう認めるべきだ。技術がないと。

 

とうとう地上波が映らないテレビが発売された。

見切られた、ということだ。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版