遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

苦手な超保守登場

2021.09.14

実家に行く。

憂鬱だ。私と最も気が合わない超保守の年かさの兄が来ている。

私を見るなり、

「なんだその髪は!」

そう。保守は髪は黒色以外受け付けない。

その妻は私の恰好を見て、「もう弾けてしまったの?」という。

「もうフツーの服は着ない。楽しくない」と返事。

兄が帰るというので玄関に送る。

兄が声を荒げる。

「なんだこの靴は!」

私がウキウキするものはすべて超保守は激高する。

「うちの孫がこういうのを履いている」とその妻。

大姉が私をかばう。

「洋子は孫の世代の精神やねん」

 

年かさの兄夫婦の退出後、大姉に聞く。

「孫って、何歳?」

「ん? 小学生」

・・・・絶句。

大姉はため息まじりに言う。

「あんたは、年取ってるのか子供か、わからんわ・・・」

・・・たぶん、両方・・・

 

帰宅して鶏肉を焼く。真っ黒になる。

フライパン買ってから、毎日、焦げてる・・・。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版