遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

悲しくてやがて嬉しき

2021.09.13

「私は悲しい」

トレーナーに昨日あった出来事を喋った。

「私の職業がばれた。悲しい。悲しい」

そのトレーナーは、私だとわかっててずっと黙ってくれてる。

だから、私は彼を信頼してる。

話を聞いた後、トレーナーが言った。

「僕も悲しい」

「あ。悲しさが半分そっちに移った。わーい」

そして、「あっちいって。トレーニングする」

 

日曜は混んでる。

女性エリアが混んでいて、男性エリアでダンベルを使った。

それを見つけたトレーナーが近づいてきた。

「大丈夫ですか」

すごいね。私が、男性が苦手だと知ってくれてる。

その私が周り全員男性の中にいるから来てくれた。

「大丈夫。このエリアの人たちは自分にしか興味がないから」

彼らは皆、鏡に映る自分の筋肉を愛してる。

鍛えてはその部位を眺め、触り、もいっかい筋肉を盛り上げる。

私なんかには関心もない。

 

帰り際、トレーナーが言った。

「苦手な男性が今来ました。後ろ向いて」

そうやって、苦手なタイプを見ずに済んだ。

 

なんだかんだ言って、私はきっと、幸せもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版