遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

私は遙洋子ではありません

2021.09.12

ダンススタジオの前に行くと、私に声が飛ぶ。

「早くっ早くっ、もう人数制限の最後よっ」

みんなから「早く早く早く」と叫ばれて列の最後に加わった。

最後のひとりとして参加することができた。

人間関係は面白く有難い。

私のためにみんなが焦り、声あげてくれる。

嬉しく有難く面白く、感謝した。

 

初参加の男性が先生にひそひそ言ってる。

私のことだ、と気づいた。

レッスン後、ロッカールームで先生から確認される。

「いいえ。私は遙洋子ではありません」と返事する。

その後、小さな声で耳打ちした。

「黙っててほしいんです・・・」

 

この意味はなかなか理解されない。

せっかくできた人間関係が、瞬時に変化する。

先生も変わる。

「先生、普通にしていただけませんか・・・」

 

せっかくみなと仲良くなれそうなのに、フラッと来た人の一言で大切なものが壊れる

そんなもんだ、というのも知ってる。

音楽消して運転して帰る。

 

トンカツ作る。また黒こげトーストになる。

なにこのフライパンッ。

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版