遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

髪染めたら世界が変わる

2021.09.05

「こんにち・・髪染めた?」

「染めた」

「あ、髪・・」

「染めた」

「おは・・」「染めた」「あ」「染めた」「染めた」「染めた」

そう言いながらスタジオに入る。皆が私の髪に集中する。

年配の生徒さんが皆を叱る。

「もう髪のことばかり言っちゃだめ。恥ずかしいじゃない。ねぇ」と私をかばってくれた。

日頃挨拶したことない男性が近づき、言う。

「似合ってますね」「ありがとう」

隣りで踊る女性が言う。

「肌が白くて目がきれいだから髪がその色になると外人みたい」

へー、そういうふうに私のこと見てるんだ。。。

レッスンが終わると先生が髪を触りにくる。

「しっかりした髪ねぇ」

皆も集まる。それぞれに髪の悩みを吐露する。

何度も外人みたいと言った女性は帰りにカップケーキくれた。

「私が焼いたの・・・」

・・・!!? ABCクッキング以外でもケーキを焼くことがあるんだ・・・

髪を染めただけで、とんでもない騒ぎになった。

でも一番言われた言葉がある。

「芸能人みたい」

 

・・・どーなん。これ・・・

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版