遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

お洒落談義その1

2021.09.06

ファッションビルをくまなく歩く。

何時間も歩く。

あらためて、真珠ネックレス青年が多いことに気づく。

もうこういう時代なのだ。

そして、私の経験では、ビル一棟にお洒落な店は一件、の法則も再確認した。

くまなく何時間も歩いて、やっと一件あるかないか、だ。

バブルの時代に輝いていた尖ったブランドは健在だったが、時代遅れにも見える。

キチッと正装する時代ではなく、いかに遊ぶかの時代だ。

破れたシャツ、裂けたジーンズ、肌の出たセーター、が、今は輝いて見える。

こういうバカバカしさがセクシーに見える。

胸までのセーター。腹寒いやんけっ、というのはどうでもいい。

 

お洒落は自分のためにする。

ゴリッとしたピアスをいつも身に着けて思う。

自分がウキウキしたいためにお洒落はある。

イヤリングはこれまで、衣装に合わせてつけ、仕事終わりに外す、だった。

でも、自分のためのお洒落なら、はずす理由がない。

ジムでもどこでもいつもつけてる。

 

サウナに入る。

突然耳に激痛が走る。

「アツッ!アツッ!!」

 

サウナでは、ピアスは外したほうがいいらしい・・・。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版