遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

幸せは常に他人にある

2021.07.31

ABCクッキングをガラス越しに見た。

女性たちがエプロンつけてパウンドケーキ焼いている。

女性たちを見た。

彼女たちは、将来の幸福を信じてる。

将来、お料理やお菓子を作る自分が喜ばれる関係。

結婚か恋人か家族か、誰かのために作り、誰かを喜ばせたい。

未来の幸福を信じてる女性だから、ケーキを焼こうと思える。

もし一人なら、パウンドケーキのほとんどは冷凍庫行きだ。

たった一切れ食べるために焼こうとは思わない。

パウンドケーキを分け与える人間が彼女たちの脳裏にある。

そこに、笑顔が予測できる。

 

・・・私とは人種が違う・・・

 

私は、結婚や恋人や家族の笑顔に囲まれる未来はない。

誰かのための料理、もない。

お料理教室に行こうか迷ったが、そこは幸せを信じてる人が行くところだった。

 

過剰jなエステティシャンにマッサージ受ける。

「まああ、私の手と比べると小さい手。私はグローブみたい」

相変わらず羨ましがってくれる。

幸せは、常に他人にある。

エステティシャンにとっては私に。

私にとっては、お料理教室の女性たちに。

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版