遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

銭湯物語り

2021.06.10

ジョギングしたらそのまま銭湯に行きたくなった。

入り口に「サウナ100円」と書いてある。

番頭さんがいた。

「サウナ入ります・・・」と消え入りそうな声で言った。

昭和で時が止まったような銭湯だった。

ほとんどの鍵が壊れたロッカー。

常連さんのシャンプーリンスが並ぶ棚。

毛染め禁止、の張り紙。

子供時代にフラッシュバックした。

その時は番頭さんに「髪洗います」と言って20円だか払った。

 

サウナは温度計が110度になってる。あり得ない温度だ。

サウナ時計は壊れてた。

 

風呂を出たら、後ろのお姉さんが叫んだ。

「私が最後でーーーす」

すると番頭さんの「はーい」という声。

ここではラストの客はそれを番頭さんに大声で伝えるらしい。

「ご飯炊きすぎてな・・・」と主婦。

「卵焼いて海苔巻きしよう思てな・・・」

「そうそう。卵だけで美味しいやん。それでええねん」

「夫が出かけるから、ほな三つ葉買うてきて、言うてな」

 

・・・立派な海苔巻きになっとるやんけ・・・

 

という突っ込みを飲み込んで帰った。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版