遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

私、なんかしたか?

2021.06.08

憧れの念願の、長崎皿うどんを梅田地下街で食べた。

餃子とチャーハンも頼もうか・・・。

お。メニューに紹興酒がある。

「紹興酒もください」

「常温でいいですね」

この瞬間、中高年男性客の手が止まり、かがむ背中が起きた。

直後、厨房での会話が聞こえた。

「あっ。酒は禁止だった。ビールならすぐ禁止と言えたのに、紹興酒っていうから、うっかりオーダーとってしまった」

店中に響く会話で、なぜ男性客の背中が起きたかわかった。

「え! 酒出せるの!? なら俺ビール飲みたいっ!」だ。

やがて、酒禁止と分かり、皆が私を恨むように振り返った。

厨房もカウンター越しに、「まったくどの客だよ。紹興酒って」とばかりに私を覗きこんだ。

 

私は、男性客ばかりの店に、遠慮して入り口の席に座ったのだ。

目立ちたくない。気づかれたくない。注意を引きたくない席だ。

でも、店中の客と厨房と店員さんが「もおおおっ」と私を見た。

 

私、なんかしたか?

「しょーこーしゅ」と言っただけじゃないかっ。

なんかしたかっ!!

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版