遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

師匠からの電話

2021.06.08

大師匠から電話だ。

「高速を出たけれど、どう走ればいい?」

「師匠、ナビは入れましたか?」

「入れてないよ」

「師匠、私がお送りしたショートメール読まれました?」

「読んでないよ」

「師匠、車を側道に停めて、カーナビを入れてくれませんか?」

 

「洋子・・・ついた・・・これから・・どうしたら・・・」

「師匠・・・まず・・〇〇亭という店で蕎麦を食べましょう」

「蕎麦やな・・・わかった・・・」

 

「師匠」

「洋子か。ああ、嬉しい。電話くれたんか」

「生きて戻れましたか」

「戻れたよ!」

「・・・よかった・・・」

「洋子」

「はい」

「僕は来週、どこに行ったらいい?」

「師匠。来週はね。家におりましょう」

 

高齢者が安心して日帰り旅行できるルートを、私はこれから大急ぎで開拓しよう。

書籍にも書いたが、高齢者は遊びたいのだ。そして短気なのだ。

高齢者は・・・メールできないのだ。ああ。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版