遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

私にとっての拷問

2021.06.05

眼医者さんと歯医者さんに行くことになり、わかった。

私は、じっとしているのが拷問くらいに辛い・・・。

眼医者さんで「右。左。下。」とか言うあの視力検査が辛い。

じっとしてなきゃだめ。

終わっても終わっても「それでは次はこのレンズで」だと。

退屈が終わらない。

あまりに辛そうにしてるせいか、「もうちょっとだから、頑張って!」とか励まされる。

 

歯医者さんもだ。

じーーーっと口を開けてるのが辛い。

目で遊ぶんだ。あっち見たり、こっち見たり、シミ見つけたり、照明器具のメーカー見つけたり。

でも、顔にタオル被せられる。

そしたら、両手の指で遊ぶんだ。

指がどれくらい外側に曲がるか。

両手の指同士、初対面のように遊ぶんだ。

歯科衛生士のお姉さんが「どうしましたっ!?」という。

「退屈だから」と答える。

「最後にフッ素、どうします?」

「じっとしてるの嫌だから、しない」

なんしか、歯医者さんは、患者は天井を向くのだから、天井をクイズだらけにしてほしい。

眼医者さんは、視力検査にもっと、遊び心を加えてほしい。

丸の穴の位置を延々答えるんじゃなく、

「このウンコの先はどっちを向いてるでしょう」にしてほしい。

チョンマルチンチャ・・・。(まじ・・・)

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版