遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

幸せはどこにあるか

2021.06.04

久しぶりに過剰なエステティシャンのお世話になる。

やはり腕は健在だ。

そして、腕だけじゃない。

「美しい肌。美しい目。かわいい手」と褒めてくれる。

・・・過剰さも健在だ・・・

 

「この年になってもね、この肌や目を羨ましいなぁ、もし自分がこうならどうだっただろう、って思うのよ」と言う。

だから返事した。

「この肌と目を持ったらね・・・」

「持ったら・・・?」

「ほら、孤独よ」

「・・・・」

 

ははは。それが現実だ。そんなもんだ。

幸せは、身体の部品にない。

腕利きのエステティシャンが、指と言葉で過剰にツボを押してくれる。

押してもらったツボの数だけ、幸せがある。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版