遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

口会話VS指会話

2021.06.06

今日はZOOMのシンポジウムだ。

ライブで繰り広げられるトークに、オンタイムで友人と携帯メールで感想を言い合う。

新しい繋がり方だ。

口を一切使わず、パソコンと、モニターと、携帯と、メールでずーーーっと誰かと会話する。

そもそもマスクしだした頃から口は必要じゃなくなった。

百貨店の魚屋さんが指で喋り出した頃から感じてた。

口をふさぐ、ということは、会話を捨てる、ということ。

替わりに私たちは、指で喋りだしたのだ。

ツイッターで。フェイスブックで。ラインで。携帯メールで。

全部、指だ。

 

そうなると大師匠は困る。

口会話しかできない。

「行き方をファックスで送ってほしい」とおっしゃる。

でも、電話がファックスモードにならない。

師匠はカーナビできない。グーグルできない。

そういう高齢者には、資料を送る手立てがない。

手紙か、用紙を持って家に伺うしかない。

パソコンがあれば、ワードを添付、で、済む。

とんでもない時代の亀裂を、コロナは露呈させたもんだ。

 

「喋ろうか」というお誘いは、これからは、「悪いことしようか」というニュアンスになる。

それはまるで、「一緒に万引きしようか」に近い罪悪感とスリリングな共犯関係になる。

ひひひ。

「一緒に、喋ろうか・・・」ひひ。

 

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版