遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

楽譜を抱えて考える

2021.06.02

楽譜を買いに行った。

ツェルニー100番と、ブルグミュラー。

学生時代にストップした、あん時からのリベンジだ。

楽譜を抱えて歩きながら考えた。

なぜ、学生時代に挫折したのか。

それは、期末テストと中間テストがあったせいだ。

がむしゃらに勉強する時期に、ピアノの練習は邪魔だった。

英語もそうだ。

けっこう喋れるようになった時に、討論番組が入る。

がむしゃらに勉強する時に、英会話など、邪魔だった。

結局、学生時代も、大人になっても、がむしゃら系が入ると、どんな稽古事もぶっ飛ぶということだ。

お稽古事とは、必ず、挫折するようにできている。

 

お稽古事とは、平和の証明だ。

一大事、緊急時、には最初に捨てるものだから。

私は今、心からツェルニーとブルグミュラーを練習しよう。

 

弾ききれたら・・・

弾ききれたら・・・

平和だった、ということだ。ウォォ!

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版