遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

あん時の私に会いたい

2021.05.07

商店街を歩きすぎて足が痛い。

少しずつ力尽きて閉める店が増えてきた。

商店街の突き当りはいったいどうなっているのだろう、と、突き当りまで歩いてみた。

突き当りまで人がたくさん歩いてる。

商店街の底力を見た気がした。

 

素晴らしいお好み焼き屋さんを見つけた。

まるで新喜劇に登場しそうな昭和のお好み焼き屋さんだ。

明日はここに行く。

どうしてもこの空間に身を置きたい。

中学生の時、晩御飯まで待ちきれず友達とお好み焼きを食べた。

その友達の顔まで覚えてる。

このお好み焼き屋に入れば、あん時の自分に会える気がした。

 

商店街はミラクルだ。

出会う店のあっちこっちに、あん時の自分がいる。

繁華街や百貨店には絶対ない、昔の匂いがする。

 

今日はステーキ屋さんに入った。

シェフがお年寄りの客に大声で言った。

「ステーキ、切りましょうか?自分で切りますか?」

高齢者の耳と歯の事情をよく知るシェフ。

これが商店街だ。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版