遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

人間の幸福とは

2021.05.02

だめだ。

失敗した。商店街。

今日の店は、出てくるのが遅い。遅すぎる。

で、量が少なすぎる。で、それほど美味しくない。

今んとこ商店街めぐりは、感動の美味しいお店は、一件、だけということだ。

もう挑戦するのはやめる。確率が低すぎる。

自分の料理に絶望してからというもの、朝ごはんも嫌になった。

何年同じものばっかり食ってるんだ、と、今朝も絶望した。

朝晩、外食にする。

 

夜、学者の友達とZOOMする。

「遙さん、その論理をパラレルに語るのは違うよ」というので、怒りに火がついた。

「パラレルてなんや」からまくし立てた。

わーーーーっ、と、意見言うと、サウナで汗出したみたいにスッキリした。

人間の幸福とは、美味しいものを食し、わーーーーっ、と喋り、サウナで汗をかく。

そういうことじゃないか、と、今夜そう思った。

1日の中で、数時間おきに感動する。

そういうことだ。大事なのは。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版