遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

昨夜のリベンジをする

2021.04.30

雨の中、また洋食屋に行く。

昨夜の感動が本物かどうか、再度同じ店にチャレンジする。

定食だと足らなかったので、単品で注文することにする。

「ステーキと、エビフライ」

「ステーキとは別に、エビフライですか?」と店員さん。

「そ。それと、サラダ」

「サラダはステーキについてますが、別に、サラダですか?」

「そ。それと、ライス」

「わかりました」

どうだ。昨日の失敗を繰り返さないように、二人前頼んだ。

テーブルに、皿が5つ並んだ。豪快だ。

なんと、エビは昨日と違い、単品だと大きい!

なんと、サラダは昨日の定食と違い、別皿だぞ!

なんと、大食い女と思われたみたいで、ライスは大盛だぞ!

・・・勝負だ、と思った。

全部食った。

もう日付が変わったが、それでもまだ腹いっぱいだ。

これからの私の人生で、思いっきり食べる店を確保した。

大きな収穫だった。

白髪のシェフが見送ってくれた。

やっぱり美味しい店は、こういうシェフがいる。

来る時は空腹でまっすぐ歩けなかった。

帰る時は食べ過ぎて、まっすぐ歩けなかった。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版