遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

言葉はプレゼント

2021.04.19

過激エステティシャン登場だ。

今日はどんなネタをくれるのだろう。

相変わらず「笑顔がいい」と褒めてくれる。

身体を揉みながら、「なんでかな、なんでかな」と思案する。

そして

「目が美しいねんわ。目頭かな。目じりかな」と思案する。

聞きながら笑うのを辛抱する。

「自分で鏡みてえみ。美しいから」と言ってくれる。

「化粧とかせえへんのか」と聞く。

しない、というと。

「素顔でこれなら、化粧してみ。きれいやで」

おもろいなぁ・・・。

「どこ出身?」

大阪、と答える。

「大阪出身なら、大気汚染とかで肌は黒いはずやのに、白いやん。なんで?」

おもろいなぁ・・・。

「府か?」

市です、と答える。

「大阪市やのに、肌が白い・・。なんでや」

おもろいなぁ。

帰りのエレベーターの鏡に映る自分を見てみた。

フツーのオバサンがそこにいた。

ありがたいなぁ・・・。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版