遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

苦難の時代は宝塚に行くといい

2021.01.14

人々が苦難の時代ほど宝塚歌劇が輝く時はない。

何十年も見続けてきたラインダンス。

女性たちが手を繋ぎ、「ヤッ」という掛け声を上げながら足を上げて前に突き進んでくる。

その力強さと迫力。そのメッセージに・・・泣いた。

 

望海風斗というトップスター。

あの力強い歌唱力。芸術は爆発だと岡本太郎氏は言ったが、爆発レベルの力強さがもたらす感動がある。

弱い芸術なんかない。芸術には強いエネルギーがある。

苦難の時代は宝塚に行けばいい。

女性たちの全身全霊のみなぎる力を前に、乗り越えられない苦難などない、と、知ることができる。

 

観劇後、宝塚ホテルで、ステーキフルコースと、エビフライを単品で注文した。

「エビフライ好き?」と友達に聞くと、「かなり好き」という。

店員さんが「パンですか?ライスですか?」と聞くので「両方」と注文した。

望海風斗さんの歌に打ちのめされ、ラインダンスの「ヤッ」を浴び、ステーキとエビフライ、パンとライスを食べたら、何かに勝てそうな気がする。。。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版