遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

祈願にいく

2020.11.20

まもなく新刊本がでる。

男友達につきあってもらい、山頂の神社に、たくさんの方々に読んでもらえますように、と、お参りに行くことにした。

「いい? 一願成就だからね、ヒット祈願よ!ヒット祈願」

「遙さん、文字がまだ見えますか? 僕、最近小さい文字が見えなくて」

「老眼よそれ! なにをうっかり老眼なんかになってんのよっ。ボーッと年とってんじゃないわよっ」

「遙さん、山登れますか? 背中、押してあげます」

「私を助けてなんかいらないわよっ。 助けて、と、私が言った時だけ助けてくれたらいいのよっ」

「でも、ヨレヨレですよ」

「助けていらないってば!」

「わかりました」

「頼りにしてたのに、まったくもう。老眼になって。私の本読めないじゃない。私より先に老けちゃダメ。私より先に死んでもダメ。

一願成就だからね。一個だけよ。願い事は。遙さんより長生きしますように、とだけ願ってね」

「わかりました。遙さん、僕、膝が痛いです」

「まったくもう、老眼だし、膝痛むし、ボーッと年とってんじゃないわよっ」

「僕、年とってません。目は、遠くはしっかり見えますから!」

 

遠くは見えて、近くが見えない・・・・それを老眼っていうんだよっ。

 

ご住職が、通りすがりの私たちを見て言った。

「若い人はよろしいなぁ。半袖で」

私たち、もう老眼だぞ。ヨレヨレで汗だくだから半袖だ。

 

高齢化社会は、なにか、どこか、おかしい・・・。

 

 

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版