遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

兄弟と喋る

2020.11.20

画家の兄と喋る。

 

「この絵、持って帰れや」

「嫌。好きじゃない」

「これは?」

「嫌。横長の絵ない?」

「ない。縦長ならある」

「あ。これが気に入った。これ好き。これ私の部屋に横向きに掛ける」

「これは、縦に書いた絵。横向きの絵じゃない」

「縦でも横でもわからないやん。私はこれを横に掛けるんだ」

「いやぁぁぁっ!」

「ばれないって」

「僕にばれる」

「誰も気づかないって」

「いやぁぁぁっ!! 僕の気持ちがいやっ。プライドやいやっ」

「私は縦の絵はほしくないんだっ。横の絵がほしいんだっ」

「じゃあ、額だけ横にして中身の絵を入れ替えるっ。明日取りに来てっ」

 

帰宅後、兄に電話した。

「縦でいいよっ。縦のまんまで。ちょうど縦長の絵がすっぽりはまる場所を見つけた!」

「どこ?」

「トイレ」

「ト・・・いやぁぁぁっ!!!」

 

兄弟は、めんどくさい。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版