遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

ある男

2020.11.18

ある知人男性からの悩み

「遙さん。僕、夜はギョーザだけ食べて寝てるのに、体重が減らないんです。なぜ・・・?」

血糖値が高い知人にとっては深刻な悩みだ。

「ん~、まず、今朝は何食べた?」

「グラタンです」

「昼は?」

「唐揚げ定食です」

「今夜のご飯は?」

「・・・唐揚げ弁当を、半分。あとは残して来ました」

 

「まず・・・唐揚げは美味しいよね。わかる。ただ、夜は満腹にしておかないと、寝てる時に脂肪を分解してくれないんだよ。身体は、食べ物不足だと、栄養をキープしておかなきゃ、って、危機感で逆に抱え込むんだ。胃には毎日てんこ盛りの栄養が入りますからねーって、安心させてあげないと、身体は消費や循環をしてくれない。まずは、満腹感を得ること。間違ったダイエットしてるよ」

男はムキになって反論した。

「僕は満腹感を得ています。ギョーザだけでも満足して眠れたし、今夜だって、唐揚げ弁当半分でも十分満腹だから残したんです」

 

ところで・・・と話を変えた。

「ティラミス食べない?」

「あ。いただきます」

 

・・・全部たいらげた。

 

腹・・・・減っとるやんけっ。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版