遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

百貨店というのはいったい・・・

2020.11.11

鴨肉を買いに百貨店の地下食料品売り場に行った。

通路をまっすぐ行くと、そこに鶏肉屋さんがあるんだ。よーく知ってる。

売り場に入ってすぐ、焼き立ての餃子屋さんがあった。

・・・上手に焼けてるじゃないか。焦げすぎず、ふやけすぎず・・・

だめだ、だめだ。鴨肉を買いにきたんだ。

 

私の好物のエビの天ぷらが並んでいた。

・・・上手に揚げているじゃないか。軽くサクサクして中にプリンとエビがあるのが見てとれる・・・

だめだ。今夜は鴨とワイルドクレソンと決めているというのに。

 

私のこれまた好きな子持ちシシャモの天ぷらだっ。

・・・ちょうどいいサイズに揚がっているじゃないか。一口でシシャモのほろ苦さと卵の食感が口に広がるぞ・・・

だめだだめだ! 鴨だってば。

 

ウナギの蒲焼が並んでいる。

・・・すぐ食べられるサイズじゃないか。あとはオーブンで焼くだけで甘みとジューシーさが口に広がるぞ・・・

いったいなにを言ってるんだ。ここでウナギ買ったらすべてのメニューが狂うぞ。

 

帰宅後、百貨店の包装紙を開き、

 

・・・ウナギをオーブンに入れた・・・

 

私は意志が弱い。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版