遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

なぜ皿の上にこんなものが・・・

2019.05.15

糖質制限中だ。

特にパンは食べてはいけないそうだ。

が!

私のパン好きはハンパない。

東京駅で大阪用に食パン1斤買って、大阪に着くまでに、食いきったこともある。夕食は食パン1斤。

イートインの焼き立てパン屋は実に美味しい。

まあまあ程度だったり、ハンバーガーショップのパンは食べないでもまったく平気。

でもそれが絶品パンだったら・・・?

許す。

自分を許す。

ただしルールを設けよう。絶対おかずパンしか食べない。

お菓子パンは死んでも食べない。それが自分に課したルールだ。

選ぶ真剣さは子供のころの駄菓子屋以来だ。

サングラス外して吟味するのだ。できるだけパンが少なく、おかずの量が多いパン・・・。

渾身の1個を選び「温めてください」と、客席で待つ。

来た皿には、あり得ない、絶対あってはならないものが乗っていた。

店員が笑顔で言う。

「サービスで、ドーナツを一切れ、添えました」

…ド…ドーナツ…!!

なにしてくれとんじゃ!どんな思いで甘いパンを避けてここにいるかわかっとんのか!

無意味な抗いでも必死でおかずパンを選んだこの心情!

クリームパンも、よもぎパンも、アンパンも、揚げパンも、大好物を全部避けて、唯一選んだおかずパン・・・。

ああ台無しだ。いったいどうしてくれるんだ。選ばない勇気はあっても、食べない勇気はあるだろうか。。あああ!あああっ!!

大人しくおかずパンを食べ、呆けたようにドーナツをじっと見つめた。

・・・どうしてくれよう、このドーナツ。ちょとだけ、まわりの粉砂糖だけ舐めようか、いや、1センチだけかじろうか。

匂いだけ味わおうか。どうしてくれよう。どうしてくれよう。

ドーナツを睨んだまま、5分が経った。

5ミリだけかじることにした。味だ。味だけみて帰るんだ。

舌に粉砂糖の上品な甘みが広がり、追いかけるように染み込んだ油がジュワ~とにじみ出る。噛むともっと甘みと油が香りと共に広がる。

くそ。

うまい。

・・・・・・全部口に入れた・・・・・・

首を直角に下げ、うなだれて店を出た。

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版