遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

洋子先生誕生

2022.09.17

ダンスレッスンが始まるまでの待ち時間。

どうやれば関節が柔らかくなるか、が生徒たちの議題になった。

ストレッチクラスを受けてる男性に質問された。

「僕、前屈できますかね・・・」

「できるよ」とばかりに突然、洋子先生のストレッチになった。

「足は足だけと思っちゃだめ。腰から足と思うの」

そして、足、と思った時の足の上げ方と、腰から足、と思った時の上がり方の違いを見せてあげた。

おおお、と歓声があがる。

「僕はここまでしか上がらない」

「上がるよ。こうすれば」とお尻を持ち上げた。

すると・・・

「うわ。上がった!!」

そう。身体の使い方は、身体で覚える。

これは私が長年バレエで叩き込まれた考え方だ。

その覚え始めには、他人の手を借りなきゃわからないんだよね。

複数の人の手を借りて、ほら、お前の身体はここまで無理できる、お前は怖がってただけだ、と思い知らせる。

身体をびっくりさせるのだ。

ここまでできるのか・・・と。

柔軟は力仕事なのだ。

で、一度、「お!ここまで無理できる」と身体が知ってしまえば、もう翌日から柔らかくなる。

反発する筋に負荷をかけると筋を痛める。

ここからこう動かせば、ほら、柔らかくなる「使い方」だ。

 

頭も、身体も、使い方次第なんだよね。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版