遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

着物で未来が描けない

2022.07.02

姉が着物を着たいという。

「着てどこいくの」

「いくとこない」という。

女三人でうんうん考えた。

いくら考えても、着物着て行くとこない。

結婚式ない。パーティない。お茶会ない。

見合いない。卒業式ない。

着物着て喜ばせてあげたい親はもういない。

「着物着て、京都いこか」

「いって、どうすんの」

「散策や」

「着物着てうろついたらしんどいやん」

三人「・・・」

時代的に姉たちはたくさんの高価な着物と共に嫁いできた。

私は親が作った。

「正月に着ようか」

「もう、正月も皆で会うのやめたやん」

三人「・・・」

「全部もう捨てようか。もってても生涯着ない」

「あんたはまだ若いからとっとき」と姉。

「で、いつ着る?」

三人「・・・」

「じゃあ、何だけ残す?」

「喪服だけかなぁ・・・」

三人、うなずく。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版