遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

オトナリーナっていうんだって

2022.06.29

大人になってからのバレエをオトナリーナというんだって。

ネットで知った。

立ち姿を見ただけで、どの程度かがわかる。

レオタードが似合う身体ではないからだ。

ヒップライン隠しでスカートはいたりニットパンツはいたり。

本気ならレオタード一枚だ。これを、レオイチ、という。

肉体のラインをむき出しにするのが基本。

このレオイチが似合うかどうかで、バレエ歴がわかる。

オトナリーナの難しさは、身体がかたいということ。

経験するとわかるが、無茶しないと柔らかくならない。

この、無茶、だが、やっていい日とダメな日がある。

これもバレエでよく言われることだが、「今日はいける」という身体のゴーサインがある。

その日に無茶するのだ。

無茶して、「おお、ここまでいける」と知れば、脳がそれを覚えてくれる。

で、次回から脳の記憶どおりに関節が曲がってくれる。

 

私は、今日がその「いける」日だった。

お・・・今日はいける・・・

半年ぶりくらいに後ろ手で足を持つ。

毎日柔軟なんてしなくていい。意味ない。

今日はいける、を、聞き逃さないことだ。

オトナリーナさん。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版