遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

ダンスは誰のもの

2022.05.22

「先生、わたしねぇ!」と声かけるなり、

「しーーーっ」と叱られた。

ロッカールームでのダンスの先生と私との光景。。。

慌てて、声のボリュームを下げ、大声で声かけたかと反省した。

小声で言った。

「先生、わたしねぇ・・・」

「違うねん。声の大きさやなく」とまだ叱られた。

「喋りすぎって、ジムから叱られてん。私が」

「えええええっ」

「レッスン後、先週生徒と喋ってたら、コロナ禍喋るなって」

そーゆこと・・・

でも、と先生が続ける。

「喋れへんかったら、うまく息ができず苦しいねん」

「私も。喋らなかったら、呼吸が苦しい・・・」

そしてキャハハと笑う。

 

ダンスの先生はチョーかっこいい。

チョーいけてる人のダンスを2メートル前で見ながら踊る。

こんな興奮は滅多にないぞ。

 

レッスン前、「しんどいの?」とまた生徒から声かけられた。

「うん。しんどいよ。いっつも」と返事する。

「みんなは、元気なの?いっつも?」と聞く。

全員。「うん」と不思議そうに答える。

ほんとは、そんな人たちがやるんだろうなぁダンス。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版