遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

腕ききを探す旅

2022.01.15

街を歩く。

誰も私の髪の色を見て振り向かない。

それどころか、金髪の子を見ると、私が振り向く。

人の目は正直だ。

きれいなら、見知らぬ人でも「きれいですね」と声かける。

あるいは、見る。あるいは振り向く。

だーーーーれも、振り向かない色。それが今の私だ。

写真撮影を中止にして正解だ。

カメラマンもメイクさんも私が金髪で準備してる。

いつまでたっても、金髪にならない私。

韓国でフツーにできることが、日本では1年間できない。

日本はいったいどうなってしまったのだろう。

高齢化で白髪染めしかできない国になったのだろうか。

腕のいいメイクさんやカメラマン同様、腕きき美容師は必至だ。

はあああ、いったいどこにいるねん・・・。

 

エステに行く。

「お肌の調子どうですか?」とエステティシャン。

「別に」と私。

「変化ありますか?」

「なんも感じない」

「お客さん、お肌きれいですよ」

「前からそうだから・・・」

じゃあお前なんで高いカネ払ってここに来たんだあ!と叫びたかっただろうなぁ、エステティシャン。

 

腕がいい、というのは、とんでもない少数派なんだ。きっと。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版