遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

エステで見た光景

2021.12.04

顔にカネかけてみる。

皮膚科がやってるエステいく。

ピーリングという表皮を削り、低周波でなにやらを皮膚下に入れるそうだ。

ざっと30分。じっとしてるのが辛い。

二列に並ぶベッドは満室だ。

控えの洗面所は、30代前後の男女でひしめき合う。

・・・なんでこんなに若いのにもうエステ・・・

・・・男の子もフツーにエステくるんだ・・・

ではいつから「もうええねん」とエステ来なくなるのだろう。

姉は、もうええねん、と生きている。

ひしめき合って美しくなりたい世代から、もうええねん、の境目はどこだ。

施術後の化粧室は、若い女性たちが一列に並びせっせと念入りに化粧する。

「ヘアドライヤー必要でしたらレンタルできます」とスタッフ。

「ん?いいわ」と断る。

化粧せず、髪とかさず、施術後そのまんまエステを後にする。

 

私はすでに、少しだけ、「もうええねん」に片足を突っ込んでる。。。

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版