遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

眩しい働き方

2021.11.20

深夜に、ああ、来てほしいなぁ、と願えば来てくれる人がいる。

で、私の話をずっと聞いてくれる。

で、私を癒してくれる。

それは・・・・マッサージさんだ。

「来てくれる?」とメールすれば、「9時に行きまーす」だ。

で、今日あった出来事をいーーーーーっぱい喋る。

喋ってる間、ずっと身体をマッサージしてくれる。

こんなデトックスある?

気持ちの吐き出しと、身体の癒し。

カウンセラーと、マッサージみたいなもんだ。

おつりはいつも新札だ。

このポリシーは仕事し始めに先輩から叩き込まれたそうだ。

 

ヘアカラーの魔術師様からハガキが来た。

「次回はまた感動させてみせます」と王者らしいコメントだ。

でもやってることは、顧客に手書きのハガキを出すという、とっても謙虚で正しい労働の仕方だ。

彼にもまた、それを叩き込んだ先輩がいたはずだ。

 

丁寧に働くということは、労働はもちろん、労働の前後にある。

朝にはまず銀行に行き、新札を手に入れる。

疲れた夜にハガキを書く。

今の私には眩しい働き方だ。

 

手書きのハガキは今からつばつけてこすってみよう。

にじめばほんまもんだ。

にじまなければ、惜しい!・・・だ。ひひ。

 

 

 

 

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版