遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

どうしても超えられない壁ふたつ

2021.10.29

ジムにも、私にも、変化がおきる。

受付でプロティンドリンクを注文しようとした時だ。

遠くからトレーナーが受付に叫ぶ。

「プレーンにしてやって!」

・・・私が注文できないと思ってるんだ・・・

だから言ってやった。

「むちょうてー・・・、むちょうて?」

「無調整豆乳ですね?」

「むちょうて・・と?」

「むちょう・・せ、です」

 

家では言えるし車でも言えるのに、受付だと発音できなくなる。

 

振り返ると私の苦手なおやじが立ってるじゃないか。

プロテイン持ったまま背を向け、手で十字架を切る。

心は「くわばらくわばら」と言ってる。

「このおやじ嫌い」と思ったら、どうしても目前に登場する。

昨日なんか、タクシーで信号待ちしてたら、その信号をこのおやじ通ったもんね。

ジムでも街でも出会ってしまう。

プロテイン飲む間、トレーナーが横に来てくれる。

「十字架はないでしょ」という。

・・・見てたんだ・・・

 

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版