遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

なんしか謝るしかない

2021.10.19

眼鏡店に行った。

眼科医には「3万円くらいのを買ってください」と言われてた。

でも、眼鏡屋さんの男性店員が勧めたのは6万円台だ。

「もっといい10万円台のもあるんですが、6万円台でいかが?」

「ずいぶん高いね」

「5万円台のもありますが、見え方が変わります」

正直に言った。

「眼医者さんから3万円と言われました。3万円のはないの?」

「ありますよ。じゃあ、そのクラスの価格帯で」

指し示したのは3万から5万の価格表だ。

「この当たりでいいですね。では、5万円台で」

「3万円で」

「はは。わかりました。では、3万円台に傷よけ処理、ブルーライト処理、とかしていきますと・・・5万円台です」

「処理いらない。眼医者さんが3万円って言ったから、3万円」

「わかりました。ところで、遙洋子さんですよね」

「・・・・」

「お話しててわかりました」

「安いの買ってすみません。素顔ですみません。ジャージ姿ですみません。なんしか、すみません」

 

私が胸張れる時があるとしたら、化粧してお洒落して爆買いか。

写真もサインもしてあげる。でも、話してやっとわかるほど、素顔が違うなら、すみません、だ。

でも、普段から意識してお洒落して化粧してうろつくのも変だ。

永遠に解けない厄介な謎だ。私はただ、謝るしかない。

すみません。。。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版