遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

私のジキルとハイド

2021.08.05

「ジキルとハイド」の舞台が好きで何度も見た。

ジキル博士が慈愛する娼婦を、ハイド博士は暴力的に殺す。

一人の中に真逆の人間がいる。

 

深夜12時を過ぎてから私のお菓子過食が始まる。

これはもう、理性ではなんともならないと分かってる。

こうなると頭脳戦だ。

深夜にどうしても食べるというのなら、食べない努力ではなく、何を食べるか。

太らないモヤシをバカ食いしてやる。

スーパーにモヤシを買いに行った。

モヤシを3個買った。

その足で・・・

 

・・・焼きそばUFOを5個買った・・・

 

モヤシ3個にUFO5個・・・。

私の中にもジキルとハイドがいて、ジキルは私を健康に誘う。

でも、そのための努力にハイドが怒り狂って、UFO買わせる。

3個vs5個なら、ハイドの勝ちだ。

問題は深夜12時を過ぎてから・・・。そう。2時頃だ。

ハイドが牙を向く時間だ。

これを書いているのは1時。

この1時間後、私が貪るのはモヤシか焼きそばUFOか。

 

ジキルは私を生かそうとし、ハイドは私を・・・殺す気か?

こわっ! こわっ!

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版