遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

時間と身体の関係性

2021.02.20

マッサージさんに言われた。

「あれ? 重いカバンをずっと肩にかけてました?」

「いいえ」

私は財布と携帯だけしか持ち歩かない・・・。

「一日中、手を使ってました?」

「いいえ」

なーんも使ってない・・・。

「じゃあ、神経かな。神経使いました?」

「いいえ」

ボーッと生きてる。

「おかしいなぁ・・・」

肩も背中もパンパンだ。

それは・・・昨日は深夜にジムで2時間鍛えたからだぁっ。

背中を鍛える日だったから、これでもかっ、って鍛えてやった。

深夜帯のジムは静かだ。無口に黙々と鍛える人が多い。

「やっとこか・・・」てな感じ。

Tシャツめくって「僕、腹に脂肪がついてる・・・」と落ち込む青年。

深夜帯は、まるで、それぞれの寝室で鍛えるみたいなプライベート感がある。

女子たちが寝室でお腹の脂肪を掴むように、男性たちもジムで脂肪を掴んでる。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版