遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

視力検査の地獄

2021.02.17

眼科で「穴が開いてる方向は?」と言われて視力検査を受ける。

「上、右、右、左、下」

と言っているうちに、体調が悪くなった。

ストレスで発狂しそうなのだ。

なぜ、言葉が、こうもつまらないのだろう。

右。左。上。下。それを繰り返す。

退屈だ。拷問みたいに退屈だ。

幼稚園時代がフラッシュバックした。

右隣に並ぶ人の視力検査表を言った。

「下」

「あなたは、あなたの視力検査だけ答えてねー」と注意された。

「上」

今度は、左側に並ぶ人の表を見て、棒でさされた穴を言った。

私は自分のと、両隣の穴を常に言い続けた。

それでも、言葉は、上、下、右、左、しかない。

 

もっと楽しくならんのか?

「穴を答えろ」じゃなく「どんな動物が見える?」とか、「どんなウンコの形?」とか。

うさぎ! 馬! 犬! カバ!

とぐろ! 一本! 下痢! 

そう、答えたい。。。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版