遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

家族とは運命なり

2022.08.06

運命というのはあるのかもしれない。

今日また、百貨店で・・・

・・・兄と偶然会った・・・

いつも会うのはエスカレーターの上りと下りだ。

すれ違い際に互いを指さし爆笑する。

その一瞬で「お茶飲もう」と私が叫ぶ。

ところが今日はいつまで経っても兄がエスカレーターで上がってこない。

飼い主を待つ犬みたいに、いろんな人にチラチラ見られながら、それでも上り口で待った。

私は買い物の時は携帯電話を持たない。

重いからだ。カードとキーだけポケットに入れて歩く。

・・・兄はきっと電話とかメールとかしてるんだろうな・・・

百貨店の迷子窓口で名前を呼ぼうかと思った。

でも、そうまでして会わねばならない人ではない。

 

あきらめて帰ることにした。

車に置いてある携帯には何十回の着信があった。

電話すると、「俺、探してんぞー」と言う。

私は「ずっとじっと待っててんぞー」と言う。

小学生の頃、百貨店で迷子になった時、動かず待つ、を覚えた。

 

どうせ法事で会う。

お盆だ。

家族になる運命だった人たちが集う。

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版