遙 洋子 Yoko Haruka

遙日記

温泉で沈みそうになる

2021.07.11

滋賀県、奥の琵琶湖沿いの温泉に行く。

薪を焼いて温めるフィンランドサウナに入る。

スタッフさんが、何度も何度も薪をくべにくる。

実際に燃える火で入るサウナは、こうだったんだ!

熱さが人工的じゃない。

揺れる炎と、ムラのある熱さ。これが本物だったんだ!!

散々、サウナに入った後、湯舟につかると、声かけられた。

「遙洋子さんやろ」

あまりの迷いのなさに、そうだと認めた。

「あんたが出なくなってから、ズバズバ物言う人がおらんなって、お行儀のいい人ばかりになって、テレビがつまらんわ」

「仕事しなくてすみません」

「稼がなあかんやろ」

「ぼちぼちやってます」

 

申し訳ない。お客さんに私の財布の中の心配までかけてるし。

ほんとに申し訳ない。

帰り、兄にそのエピソードを言う。

「お前の素顔で、お前やとばれたんか!!!ひぇーーーっ」

 

日頃何人の人が実は私だと気付き、黙っててくれてるのだろう。

何人が気づき、何人が気づいてないのだろう・・・。

別れ際、兄が言う。

「僕、ヒップホップやりたいねん・・・」

 

兄弟は似てる・・・。

 

 

share

Tweet

  • 日経ビジネス電子版